読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どちらかというとさつま揚げ派

基本的に各種ゲーム関連の攻略や感想など

スクストカフェに行ってきました&来店記念物の持ち運びについて

Twitter見てたらオープン初日があまりに賑わってて我慢しきれず25日(火)に2回行ってきました。簡易的にレポートを書きます。
また来場記念品の持ち帰りに気を使ったので、その注意点なども併せて。


秋葉原駅の昭和口を降りてヨドバシカメラ方面に抜けた先、ヨドバシカメラ入口横にカフェがあります。現在ログインボーナスで配布中のカフェスタッフの制服を着た伊緒ちんの等身大POPがお出迎え。ヒールを履いてるため実身長より少し高め。たくさんの人が画像を撮ってたし、Twitterにも散々流れてたので写真は撮り忘れました。


一度目の来店。スタッフさんからの挨拶、注文に関する諸説明を経て、スクスト名物パンセットを注文。


f:id:chikwacurry:20161026185334j:plain

早速実食。


しっとりなめらかなパン生地が美味しい。香りもとても良いです。

また焼きそばにしろカレーにしろメロンパンにしろ、具への味付けが非常に丁寧で食べてて飽きません。

ただしボリュームは確かなので胃袋に自信がない方は単品を注文するか、複数人で分けるのをオススメします。


ひとまず店を出て時間を潰し、2度目の来店。夕飯を兼ねたかったのでキュイジニエール・サジマの懐かしナポリタンを注文。写真は撮り忘れました。ガバガバ。

パンセットが美味しかったのでだいぶ期待して食べました。

そして食べて真っ先に出た感想は

『悠水の作った味がする!』

でした。

大方予想されるケチャップ味のナポリタンを裏切り、味付けはフレッシュなトマト味。ピーマン玉ねぎ大きめベーコン、たくさんの具材で食べ応えバツグン。

なんだかこの味付けの豊かさや具材との食べ合わせの感じが悠水っぽい、と思わせたんでしょうね。
食べないと全く伝わらないこの感覚、僕の言葉だけを聞いて困惑した同席者2人に対し、僕は思わずフリースペースからフォークを持ってきて渡してしまいました。
何を言っているんだ……というような様子を見せながら半信半疑で食べる2人でしたが、食べた後には同じ感想を頂きました。

やばいぞすごいぞスクストカフェ。フレーバー程度に思われたイメージメニューがまさかここまでの説得力を伴うとは。感心するばかりでした。


計2品ずつ注文し、頂いたコースターはアザーズとティエラ&モシュネのアザーズ祭り。
ランチョンマットについてはシリウスアマンドを頂きましたが、自シリウスと同席者のトルテをわらしべに他のお客さんとの交換でミラをゲットしました。ありがたや。


そして来店記念物についての注意。


コースターを入れるための小さい袋などの保護物を持参することをオススメします。
柄が擦れて傷が付いたりしますし、手持ちの袋やバッグを基本的に持たない方は特に困ると思いますので。


次にランチョンマット。
元のサイズが大きめなので丸めて渡されますが、芯や箱などが用意されておらず、持ち帰る最中に折れたり曲がったりする心配があります。
こちらについては箱はなかなか難しいですが、芯の代わりになる新聞紙や棒状にしたダンボールなどを予め用意するのをオススメします。

ちなみに丸めた際の高さは約28cm、横幅は約10cm。広げた際の横の長さは37cmです。
心配な方はあらかじめ適当な箱を見繕うか自作、または広げた際の大きさに合う書類などを入れられるプラ製の手提げをお求めください。
またこの手の丸めた紙を持ち運ぶ技術に対する知見がありましたらお教えください。加筆します。

ではみなさん、スクストカフェお楽しみください。20:30頃に着けば21:00〜の回の予約が現地で取れたりするので、事前予約し忘れた〜って人も意を決してどうぞ。ではでは。



f:id:chikwacurry:20161026193518j:plain